木の飾り

引越し手続きマスター

引越し手続きマスター

木の飾り

引越し手続きマスター

引越しの手続き:1ヶ月以上前にすべきこと

大阪引越し で現在借りている賃貸住宅から引越しすることが決まったら、貸主に連絡する前に引越し業者の日程調整を済ませることから始めましょう。初めに貸主に連絡してしまった場合、自分が予定していた日に引越し業者の予約が取れないということもあるのです。この場合は引越し業者との日程調整を行った後に再び借主に連絡して退去の日を変更してもらおうとしても、既に変更できなくなっているケースがあるので注意が必要です。もし最初に連絡した日に退去しなければならなくなったとしても、引越し業者の予約が取れていないので一度どこかに荷物を運ばなくてはなりません。費用も手間もかかって大変ですから、必ず業者の予約が取れてから借主に連絡するようにしましょう。

引越しの手続き:前日にすべきこと

引越し当日になると、引越し業者のトラックなど家の前に停めることになります。

遅くても前日までには、旧居での挨拶を済ませておきましょう。
家の前の道路の道幅が狭い場合、トラックを停めるとほかの車の出し入れや通行ができなくなることもあります。
そうした場合は、なおさら早めにご挨拶しておくほうがよいです。

 

引越しの前日には、冷蔵庫の電源も切っておかなければなりません。
製氷機にある氷や水を捨て、もし霜がついている場合は溶かしておきましょう。
冷蔵庫の中やまわりに水が漏れることもあるので、タオルを敷いておくと安心です。

 

もちろん、冷蔵庫の中にある食材も計画的に食べ切らなければなりません。
どうしても食べきれなかったものは、保冷バッグに入れて運んでも良いです。

引越しの手続き:翌日にすべきこと

引越しするときは引越し業者に依頼するという方が多いでしょう。引越し業者なら荷物の運搬はプロのスタッフが行うため、安心して任せることができます。引越し当日は事前に荷物の設置場所を知らせておくと、スムーズに作業が進むので一日である程度荷物の片付けが終わるでしょう。翌日からは必要な手続きを進めていきます。引越ししたときに真っ先に行わなければならないのが転入手続きです。新居がある市町村の役場に行き転入手続きを済ませましょう。無事に転入手続きが終わったら、新しい住所の住民票を数枚取り寄せておくことが大切です。運転免許証などの住所変更手続きの際に使用することになるため、転入手続きの際に取っておけば何度も役所に足を運ぶ必要がありません。

引越しで必要になる子どもの手続き 小中学校への転校方法とは

引越しの際に、小学校、中学校が変わる場合、転校手続きが必要になります。

市区町村外へ引越しされる場合、現在通学している学校へ、早めにお知らせをし、在学証明書をもらいます。市民課など、役所の窓口で、転学通知書ももらい、これら二つの書類を転入先の市区町村の役所などへ持って行き、手続きを行います。
同一の市区町村内での転校の場合は、市区町村外へ転校される場合の書類と同じ、在学証明書と転学通知書をもらい、それらを転校先の学校へ持って行き、手続きを行います。
小中学校は、お住まいの地域により、通学区域内の指定校が定められていますが、残りわずかで卒業というときに引越しをしなければならない場合や、新学期がはじまった直後に引越しを予定している場合など、引越しとは時期をずらして、転校させたい場合などは、教育委員会に指定校の変更の申請手続きを行う必要があります。認められた場合にのみ、指定校の変更が可能となります。

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 引越しは”うつ”になるけど簡単にしたりラクする方法は? All rights reserved.
木の飾り